ビハクシア 美白クリーム 評判

ビハクシアはニキビがあっても使えるの?

ニキビ肌は紫外線によってにきび跡が肌に残りやすいので美白ケアを積極的にしたいと考えている方も多いですよね。でも、刺激を感じやすい状態のニキビ肌に美白ケア用品を使うと状態が悪化するケースもあります。ビハクシアはニキビ肌にも使えるアイテムなのでしょうか。

 

ビハクシアにはシミやくすみ、乾燥小じわのケア以外にも多くの効果効能がありその数は13にものぼります。その効果効能の中にあせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・ニキビを防ぐというものもあるのでニキビの予防に対してビハクシアを使うのも良いようですね。

 

さらに、肌を引き締める、肌を清浄にする、皮膚をすこやかに保つといったニキビ肌に嬉しい効果もあるので、肌との相性が良い場合にはビハクシアを使うことで美肌を目指すことができそうです。

 

しかし、ニキビの炎症がひどい場合やビハクシアを塗った後に赤みやほてりを感じる場合にはニキビを悪化させる恐れがありますので、使用を続けることはおすすめできません。

 

ビハクシアを使うにあたってご自身のニキビの状態に不安がある方は、一度皮膚科で相談すると安心ですね。美白だけでない多くの効果効能を持つビハクシア、上手にスキンケアに取り入れて今よりワンランク上の美肌を目指したいですね。

 

 

ビハクシアを使えばほくろも薄くなる?

ほくろが多く顔にあることに悩む女性は多いようです。色が濃く、人の印象にも残ってしまいがちなほくろを自宅にいながらビハクシアでケアすることができたら嬉しいですよね。

 

ビハクシアの効果効能を調べてみると、メラニンの生成を抑えてシミを防ぐという項目はあるものの、ほくろに関する効果効能に関しては記載がありません。ビハクシアの公式サイトでは、ほくろに対して効果があるとは記載がされていないようです。

 

ほくろのには二種類のものがあり性質が異なります。大きくほくろを二種類に分けると、先天性のものと後天性のものということになります。先天性のものは、遺伝ですから予防することはできません。後天性のものは紫外線が原因となっていますので、ビハクシアなどでケアすることである程度予防することができます。

 

ほくろは一般的にシミよりも色が濃くケアが難しいですから、できてしまったほくろに対してビハクシアでケアをしてほくろを無くすというのは難しいかもしれませんね。ほくろの原因は、紫外線以外にもホルモンバランスや食生活、加齢、ストレスなど様々な要因が絡んでいます。

 

ほくろを予防したいという方にはビハクシアは有効ですが、できてしまったほくろに対しては皮膚科など専門医へ相談するのが解決への近道ではないでしょうか。

 

>> ビハクシアの詳細はこちら

page top