ビハクシア 美白クリーム 評判

美白クリームにはどんな成分が含まれているの?

ビハクシア美白クリームは20代の透明感を目指す美容クリームとして話題になっていますが、どのような成分がシミや乾燥小じわに有効なのでしょうか。ビハクシア美白クリームに含まれる成分について調べてみました。

 

ビハクシア美白クリームが多くの方に選ばれる理由は、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン誘導体」「グリチルリチン酸2K」という成分を含んでいることにあります。

 

ビタミンC誘導体はシミ予防、肌の引き締め、ニキビ予防、エイジングケア効果のある成分で、角質層に浸透しメラニンの生成を抑え、シミをガードしてくれます。ビハクシア美白クリームがビタミンC誘導体が角質層にまで浸透するので、肌の奥からしっかりケアをすることが可能です。

 

ハイドロキノン誘導体は、シミ予備軍に働きかけてこれから現れるシミを予防してくれます。美白成分として効果の高いハイドロキノンの安定性を高めたのがハイドロキノン誘導体です。

 

グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根に含まれる天然由来の成分で、炎症を抑えて雑菌の繁殖を防ぐ成分です。肌を正常で健康的な状態にしてくれる成分としてビハクシア美白クリームがに欠かせない成分です。

 

医薬部外品としても認められているビハクシア美白クリームは、美白に効果の高い成分がトリプルで配合されているので高評価なのですね。

 

>> ビハクシア美白クリームの詳細はこちら

page top